日々のあれこれや季節の移り変わりなどをお届けします


by kanoko34
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

我家の庭で竹の子堀り

2本目の竹の子です。
b0039310_632361.jpg

1本目はさっと皮を剥いて写真を撮る考えもなく茹でて食べてしまったんです。2本目はこれは写真に収めて置こうと気が付いたんです。1本目もほぼ同じ位の竹の子でした。
いつもの年は近郊の竹の子を朝掘りする農家買いに行くのですが、今年は5,6、日前に京都の竹の子を1本頂き、今回我家の庭竹の子2本で計3本、このシーズンにはこれで充分です。
若布を炊き込んだ「若竹煮」、おかかまぶしの「土佐煮」、穂先の「梅肉和え」、そして竹の子
の「炊き込みおこわ」と楽しみました。
[PR]
# by kanoko34 | 2006-04-25 06:48 | 独り言

竹の子堀り

掘って見ました。
b0039310_7371867.jpg

周りの石をどかして20センチ位掘りました。なかなか旨く掘れません。途中で折れないようにと移植シャベルで根を切りました。
[PR]
# by kanoko34 | 2006-04-23 07:43 | 独り言

竹の子

石を持ち上げた竹の子
b0039310_72575.jpg


凄い力です。
[PR]
# by kanoko34 | 2006-04-23 07:27 | 独り言

竹の子は力持ち

  我家の庭で竹の子狩り
b0039310_745614.jpg

 我家の東隣に孟宗竹の林のある家があるんです。毎年この家から東側の家との境の一メートル位の塀の隙間に4,5本の竹の子が進入して生えるんです。

今年はこのお隣の竹林から7,8、メートルの離れた我家の庭真ん中に引き詰められた庭石を突き動かして竹の子が生えてきました。昨日と今日と1メートル位さらに遠くに離れた所に又、又石を持ちあげてニョッキリと生えてきたんです。

この7,8、メートルの間は我家の物置があり、ここの地下を這って庭先に出てきたのです。以前はこの物置の床を突き破って出てきたこともありますが、こんな遠くに出てきたのは近年にない事です。

丁度沢庵石の様なものですがこれを庭全面に並べてあるのですが、この沢庵石の重い事、私でも「よいしょ!!」と気合を入れないと動かないんです。竹の子の力にはビックリです。

奥のほうのドアの右側の前にすこし盛り上がった白い丸い石が見えますが、ここが1本目の竹の子の生えた所です。
[PR]
# by kanoko34 | 2006-04-23 07:23 | 独り言

春の小川

印西 今井の桜 
b0039310_12133347.jpg

[PR]
# by kanoko34 | 2006-04-12 12:16

お花見

印西 今井の桜

b0039310_113414.jpg


ほぼ毎年のように楽しみにここの桜を見に行きます。今年はチャンスがなく行かれませんんでした。この写真は去年の写真です。
[PR]
# by kanoko34 | 2006-04-11 01:07 | 独り言

春爛漫


吉高の大桜
b0039310_5471433.jpg

10年ほど前から時折、印旛沼程近い吉高の大桜を見に行っています。この桜は山桜系、例年ソメイヨシノの桜が満開を過ぎた頃に見ごろを迎えます。

10年程前から比べるとこの所はこの大桜の見物に訪れる人が激増して、見ごろには町役場が作った臨時の駐車場から約1,5キロほど離れた大桜の所まで人の行列、畑を抜ける農道には近隣の農家が野菜、米、竹の子、花等季節の物を並べ店を出しています。

大桜の周りには菜の花、紫色の大根の花(しょっかさい)が咲き、ピンク、黄色、紫、と春の空のコントラストがとても美しい、樹齢300年と言うこの大樹見事な枝の張り、満開の桜は本当に見ごたえ充分、この畑の中のたった1本の大桜に会いたい人の行列が出来ます。
[PR]
# by kanoko34 | 2006-04-09 05:51 | 独り言

成田山

 9月のお参り

b0039310_1016568.jpg

 
ここ40年成田さんのお参りの正月、5月、9月、と年3回のお参りは欠かしたことが無く、今年も最後のお参りの月、今年も後3ヶ月、 4分の3が過ぎたと言う事です。
1日が早くて、1週間が早くて、1ヶ月が早くて、瞬く間に1年が過ぎてゆく・・・・やらねばなら事は山の様、9月の月中にグループ展を1つ終え、今は私がお世話役をしている絵画展を開催中、11月は前半に私の絵の個展、11月に入ればもうそろそろ年賀状のグループ指導、そのためのお手本作り、この期間の準備期間は6月頃より休む暇無くつづいています。
[PR]
# by kanoko34 | 2005-10-02 10:42 | 独り言

2005  秋

 
 しばらくお休みでしたが又良い季節になりましたので少し書いて見ようかなと思います。
b0039310_113094.jpg



 隣は何をする人ぞ・・・・ 

            マイペースで書きましょう
[PR]
# by kanoko34 | 2005-10-02 01:13 | 独り言
白砂田代に着く2005年 6月28日更新
*7月1日、尾瀬花街道タイトル写真変更しました。
至福のコーヒー7月2日更新
パレットの緑 年7月2日更新
満開のミネサクラ7月3日更新
水彩画7月3日更新
大江湿原の水芭蕉7月4日更新
尾瀬銀座7月6日更新
シラネアオイ7月6日更新
遅春7月6日更新
水平環7月6日更新
お握り7月7日更新
遠い空7月7日更新
沼山峠に向う7月7日更新
水芭蕉とお別れ7月8日更新
沼山峠7月7日更新
沼山展望台7月7日更新
沼山休憩所7月7日更新
尾瀬にお別れ7月9日更新
桧枝岐温泉7月11日更新
素敵旅7月12日更新
感謝7月12日更新
有難う7月12日更新
2日目の歩数7月12日更新
尾瀬縦断走破7月13日更新
[PR]
# by kanoko34 | 2005-06-13 23:59 | 尾瀬花街道(6/11・12)